初夏の阿寒川キャッチ&リリース区間をドライフライで攻略

阿寒倶楽部のYoutube AC釣チャンネル更新しました。

ご視聴の上高評価いいね、チャンネル登録よろしくお願いします。

6月中旬の阿寒川はドライフライシーズンが始まっています。

モンカゲやヒゲナガなどのビッグドライフライの釣果が望めます。

阿寒川のキャッチ&リリース区間の中でも瀧見橋からホテル裏までの区間。

上流は山岳渓流のような流れで途中からはフラットな平野の川へと変化するのですが

阿寒湖からの放水が一定でシーズンを通して安定した水量の川です。

豊かな水生昆虫の多様性から複雑なハッチの構造をしています。

それ故にドライフライの釣は難しさもあってついついインジケーターにガン玉ゴロゴロの釣りを選択する釣り人も多いですね。

今回のPart2ではドライフライのポイントに絞って案内をしています。

使うフライもシンプルにスティミュレーター6番に絞り込んで(実際にマッチザハッチを除けばこのフライが一番安定しています)釣りをしています。

阿寒川でフライフィッシングをする初心者の方、ドライは苦手だなぁーという釣り人の方にも参考になればと思います。

阿寒倶楽部WEBのMAP に詳細ありますのでご確認ください。

今回は60㎝の鰭ピン虹鱒も釣れて阿寒倶楽部も満足しております

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve − twelve =