秋のドラワカ 調査しました 後編

9月に入ればアメマスも産卵遡上して岸際にはニジマスが増えるころだろうと思い阿寒湖へ。

尻駒別やヤイタイ島そして大島を回って「調査」してきました。

今回YouTubeにアップしたのはその後編の模様です。

大島ではすでにこの釣りを始めた形跡もあってチャミングと同時にライズを始めるニジマスが沢山いました。

ただ途中からはニジマスが減ってアメマスが増えてきました。

またウグイや鯉までもチャミングされたワカサギを捕食したのには少し驚きましたね。

もう少し寒くなればアメマスはだいたいが遡上してしまうので益々ニジマスの豪快なライズと釣りが楽しめますね。

そして翌日は阿寒川へ

秋の阿寒川はドライで釣れるのか?

土曜日でしたが人が意外に少ないのは地元の皆さんはアキアジ釣りで忙しいのかもしれませんね。

お陰様でのんびりと釣りができました。

しかし予想通りというのか気温も低めで渇水の割には水も冷たくてニジマスの活性は低かったように思います。

お昼近くまでやりましたが僕の釣ったポイントはライズはほとんど見られませんでした。

それでも何とかニンフとドライで釣ることができました。

次回は美しい紅葉のもとで釣りをしたいと思います。

阿寒川の釣動画は今週中くらいにアップできると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − four =