ジャングルコック

Higeストリーマー用のジャングルコックが届いた。
今回はグレードを落として購入したが8番サイズくらいは使えるものが多い。
大きなもので割れているのは接着剤で修復して使うので問題ないだろう・・・それにしてもジャングルコックは高騰している。
天然のマテリアルはもう使うべきじゃない時代がそこまで来ているのだと思う。
耐水ペーパーベースのジャングルコック風も出てきたがやはり需要が少ないのか販売されているものは少なく選択肢が限られてしまう。

すでに完成しているジャングルコックがないストリーマーも釣りとしては影響はないが、より良い反応を求めるのであればあった方がいいと思う。
「目は口ほどにものをいう」・・っていうでしょう(笑)
また「あるものとないもの」では作り手の力の入り具合も購入する側の判断につながるかな。

僕自身が使う場合はないものを使う予定だ・・・今後はなるべく天然素材は減らしてゆきたいと思うが石油製品系が増えてゆくのも問題だし・・・

釣り、特にフライフィッシングの未来はどんな方向へ向かってゆくのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です