ガイド日誌2022/10/14 阿寒湖ヤイタイ島

少し前のガイド日誌の更新です。

ガイドビデオが本日完成して4K画質になればゲスト氏へ限定配信される仕組みです。

この日は事前調査でも良かった大島への案内を考えましたが大島への渡船客が増えていることもあり風向きからヤイタイ島へ。

これが大正解でヤイタイ島はライズ天国と化していました。

少々大袈裟ですが到着してチャムしてすぐ周辺はライズが多発。

ゲスト氏もどのライズへ打つべきか悩んでしまいました。

得てしてこういう状況は「モグラたたき」になるのですが流石に慣れているゲスト氏マイペースでキャストし続けます。

焦っているのはガイドのほうでチャムのタイミングがなかなかゲスト氏のキャストフィールに合いません。

徐々にライズのインターバルもつかみ出してバイトが増え始めました。

ですかさずヒット&キャッチ

この日は虹鱒の活性が高くてほぼ虹鱒ばかりのライズ。

ゲスト氏の大きな虹鱒を釣りたいとの希望は叶えられました。

早朝はアベレージクラスの虹鱒でしたが日が上がってからは大きな虹鱒のライズが増えてきました。

ただヒット以上にブレイクが多くてフライも2個持っていかれました。

阿寒湖のドラワカに出る虹鱒のヒットは細心の注意が必要です。

ラインを送り出す勇気があるとキャッチはもっと増えると思います。

あまり鱒を写さないゲスト氏でしたが今回は大きな虹鱒の画像を収めていました。

阿寒湖の虹鱒は美しい個体が多いですからね。

 

この虹鱒は別なフライを咥えていました。

ヒット後にニジマスが走り出すとラインを緩めて走らせましょう。

その後追い合わせを入れてリールファイトを楽しみましょう。

だいたいがファーストテイク後のロッド合わせて切れてしまいます。

11月は気温も一気に下がって日中の釣りも暖かいウェアーで楽しみましょうね。

阿寒湖の釣りは11月30日がラストです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

eleven + six =