阿寒倶楽部のガイド日誌2022年10月12日

この日のゲスト氏は阿寒湖の釣りは初めてでした。

まだまだフライフィッシング歴も浅いとお聞きしていたのですがどうしてどうして。

キャストも阿寒倶楽部の自己流キャストに比べると・・美しい・・ループ。

今回もドラワカの釣りを案内させて頂きました。

動画はYoutubeのAC釣チャンネルで本人限定での配信となりますのでご一般お方はご視聴できません。

大島裏は無風状態でなかなか厳しい感じでした。

8時くらいからは南西の風との天気予報・・まずは重いフライのキャスト練習で。

ところが意に反してファーストバイトが有りました。

なかなか乗せられない時間帯が続き思い切って東の岩盤へ移動しました。

8時過ぎにはライズも増えてきましたが天気が良すぎですかね、持参のフライは見切られてしまいます。

そこで登場するのが阿寒倶楽部特製の5㎝フライ、リバースタイプ(頭側にフックがあるタイプ)

サイズを合わせるとあっさりとバイトが有ってフッキング・・あっ・・切れちゃいました。

そうなのですね・・どうしても力を入れてロッドを立てるので重いフライのキャストで痛んだティペット部分で切れちゃいます。

「よいしょっ」とロッドを立ててラインを引けばフッキングします・・慣れましょう。

ようやくイイ感じでバイトシーンも増えてきてそろそろヒット~と思っていたら北西風が吹いてきてチャムワカサギもライズが雄阿寒岳方向に流れて行きました。

そこで再び大島裏へ移動することに。

 

ゲスト氏早速ヒットしました。

しかしフッキングが甘かったのか?

ファイトを長く楽しみたかったのか?

ランディング間際で痛恨のフックオフ。

ゲスト氏、天を仰ぎました。

 

ガイド残り時間も1時間ほど。

活性が少し上がったのかボイル状態になりました。

気を取り直したゲスト氏、距離のあるライズへフライをキャスト!!

良いサイズの虹鱒でした。

グングン出てゆくラインとジャンプ・・阿寒湖ニジマスサイコーです。

しかし大きな虹鱒との死闘も・・手前でフックオフ・・・ゲスト氏自作ネットへ入魂できず・・ガイドも悲しい

ライズはあるけれど思うほどヒットできなかったりバラしたりするのがこの釣りDorawakaGameなのです。

それでもチャレンジする人が増えているのは日頃とは違う鱒との戦いが面白いからでしょうね。

ゲスト氏はその後阿寒川で虹鱒に癒されて帰路についたそうです。

お疲れさまでした・・阿寒湖再訪お待ちしております。

 

2022年度阿寒川の釣りは10月30日をもって禁漁期に入ります。

もうあと7日ほどです・・ラスト釣行をしましょう。

2022年度阿寒湖の釣りは11月30日をもって禁漁期に入ります。

ガンガン釣りに行きましょう”!

まだガイドもできますよ~

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1 × 1 =