BOATでDorawakaGame 阿寒湖のフライフィシング

10月11日午後6時よりAC釣チャンネルでご視聴できます動画はボートからのドラワカゲームです。

 

釧路から阿寒湖へ向かうマリモ国道。

冠雪の阿寒富士を見ながら走りました。

阿寒に入ると鹿が道路沿いに沢山います。

繁殖の季節なので活発に餌を食べています。

 

今日はボートで恩根内沖へ向かう予定です。

ワカサギ漁が始まって20日間くらいたつのでそろそろ北岸にもニジマスやアメマスが集まっているのではないだろうかと。

幻想的な霧の中を進んでゆくどこでどう間違えたのか大島へ向かっていました。

遊覧船が動いたらと思うと「ぞっと」しました。

「遊覧船の航路へは絶対に入らない」これはルールです。

けあらしが消えてゆく中北岸の紅葉も見えてくると「美しい」と感じます。

それでも地元の方が言うには今年は寒暖差がないので美しい紅葉は見られないのでは!とのことでした。

釣りをスタートさせるとすぐにヒットしました。

元気な虹鱒で船下へ潜ろうとラインを引き出します。

でここでトラブル発生・・・なんとフライラインに結び目ができているのです。

解こうとしても虹鱒の突進を停められるはずもなく、

そのまま団子状態のフライラインはバンブーロッドの小さなガイドに絡まってティップ事抜けてしまいました。

ラインをつかんで引っ張りましたがなんとフックオフしてティップを無くさずに済みました。

その後すぐに小ぶりの虹鱒をヒットしましたがこちらもフックオフ・・・慎重になり過ぎましたかね。

その後は群れが去ったのか移動したのか反応が薄くなりました。

小刻みに移動したりして狙いますがいまいちでしたね。

それでも何とかアメマスの60㎝をキャッチできたので気分的には十分に満足でした。

のんびりとボートの上から晴れた空と雄阿寒岳と雪を被った雌阿寒岳を見ていると阿寒湖いいなぁ~って思います。

明日は雨予報

そしてガイドウィークに突入です。

この釣りを楽しまれる方が一人でも多く阿寒湖の素晴らしさを感じて頂けるように案内できればと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

5 × five =