阿寒倶楽部のガイド日誌10月21日

ドラワカの釣がいよいよピークを迎えつつある。

釣り人やニジマスの数やサイズがピークを迎える・・というのが阿寒倶楽部の勝手なイメージ。

まだ水温が高いのかウグイもいるしアメマスの数はまだ多くない。

9月後半にいた極太のアメマスはどうやら遡上が遅い個体だったようで、今いる個体はまだ痩せている感じがする。

とはいえ場所によっては極太アメマス釣りました~という釣り師もいるかもしれない。

本日のゲスト氏は阿寒湖が初めてとのことで元気なニジマスやアメマスが釣れるようなスポットへ案内。

もちろんドラワカやチャミングも初めてなので状況に応じて説明を加ええて釣って頂きました。

釣りがうまい人はどんな場面でもフィットしますね。

そぼ降る冷たい雨の中、徐々に釣りのペースを上げてゆきました。

 

太くて大きな58㎝のレインボー初めにアメマス。

プラチナシルバーの阿寒湖虹鱒を十分楽しんでいただきました。

夕方に少し雨は止んだのですがこの時期は日暮れも早いので3時にストップフィッシング。

お疲れさまでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − nine =