ボートでドラワカ 後編は虹鱒の釣を堪能しました

いよいよ65歳になりました。

自分でもジジイだジジイだと思っていましたが後期高齢、年金満額受給者ですからね・・・本格的なジジイです。

とはいえ何かが大きく変わって明日から杖を突いて歩くようなことはないわけで堂々と釣りへの情熱を注いで行けるってなもんです。

さて今晩18時30分にタイトルの「ボートでドラワカ」の後編がYouTubeAC釣りチャンネルで視聴できます。

後半はアメマスも釣れましたがボイルの中心は虹鱒でいいサイズの虹鱒が何本か釣れました。

ボートで釣りをするとチャミングも必要最低限で済み、鱒の様子をじっくり観察ができるので楽しいです。

アメマスは結構じっくりとフライを見てから食いますがニジマスは結構「勢い」で食っちゃいます。

本物があるのにいきなりフライに出たりして釣っているこちらの方が慌てちゃいますね。

小島への移動も考えましたが11時以降は風向きが南東で強くなる予報でしたので11時前には終了して戻りました。

ボートを片付けだしたら予報通り風が強くなって湖面に白波が立ち始めました。

産卵明けのアメマスも戻ってきたところを見ると10月後半には北岸などの通常ポイントでも引っ張りで釣れるような気がします。

それでもチャミングが多いボッケジカタ、大島にはそれなりに鱒は溜まるのでねらい目はこのあたりかも知れませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 5 =