十勝川水系岩盤の川で虹鱒ライズハンティング

こちらの動画は7月14日午後6時より阿寒倶楽部のAC釣チャンネルで視聴できます

今年はガイド期間中足寄町に滞在していました。

松山千春で有名な足寄町は近郊に釣り場も多く街にも沢山の釣り人がいるそうです・・とある情報筋から。

僕の場合は阿寒湖阿寒川のガイドが中心なのでなかなか近郊の釣場へはいけません。

ガイドがお休みの1日だけ夕方の用事を除けば釣りができる日があり 昔20年ほど前に釣りをした川へ行くことができました。

昔の面影と言えば大きく崩れ落ちた岩壁のある風景くらいで 流れも所々に面影はあるもののお気に入りのカーブの溜まりは無く、

そこでライズの釣りをイメージしていただけに少し残念でした。

大き目のドライフライで釣り降りましたが反応もなくて岸際を釣りあがりながら引き返すことにしました。

入渓地点の中間に差し掛かったところ右岸の岸際にライズを見つけました。

昔のイメージもそうでしたが小さなライズも侮れないのがこの川。

慎重に攻めましたが無反応。

 

流れてきた小さなカゲロウにサイズを合わせて何とかヒットしましたがとっても小さなニジマス。

その後また粘って何とか30㎝クラスの虹鱒を釣ったところで本日は終了時間。

ライズの釣りは簡単な時もあるけれど人が多く入る釣り場ではそれなりに難しい場合もあります。

ただ、難しい釣りほど攻略したときの喜びはひとしおですね・・サイズに関係なく・・はないか

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

four × two =