本流のフライフィッシング・・Youtube更新しました

利別川の釣りを胸につけたアクションカメラの映像で編集しました。
自分の釣の撮影もガイド時の撮影も基本は同じカメラのシステムです。
固定カメラ×1台、アクションカメラ(ボディ装着)×1台、アクションカメラ(手持ち)×1、水中カメラとドローン(必要に応じて)
という機材で撮影しています。

近頃のYoutubeを見ていると圧倒的にアクションカメラ(ボディやヘッドカメラ)が増えていますよね。
確かに撮影するにしても編集するにしても簡単というのがいいです。
僕は古い人間なのでいろいろな見方ができるほうが楽しいだろうと思っているのと、
自分の記憶記録だったりゲスト氏の記録として風景も含めた映像を残したいので多種のカメラを使いたいと思っています。

でも今回の様に同じ時間枠を固定カメラとアクションカメラで見せると変化がついて楽しいですね。
あえて固定とアクションと分けてみたのですがどうでしょうね?
僕自身に特に狙いがあるというわけではなくて映像容量が特に多かったので編集時間を短縮するために分けただけなのですが。
一人の場合撮影しっぱなしなので必然的に容量が増えてしまいます。

当面は今のシステムで撮影するので今後も固定映像とアクション撮影と分けてアップロードすることもあるかも知れませんが
ぜひご視聴宜しくお願い致します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

two × one =