2021年阿寒湖 解禁2日目

天気予報では早朝はマイナス気温で北の風・・厳しい条件ですね。

雨のち一時雪なんていう予想もあって今日は早めに切り上げるのが無難でしょう。

昨日は朝一は北岸で良い釣りができて午後3時からはヤイタイ島へ入りました。

島では2名の釣師がいてとてもよく釣っていました。

活性がいいのだろうと思い期待を込めてキャストしても反応がありません。

阿寒湖ではよくある「隣は爆釣、自分はあたりもない」状態にガッカリです。

結局タイムアウトで1キャッチ1バラシと散々でした。

今日はリベンジのつもりで渡船です。

北からの微風で釣りに適した風でした。

3人で3か所に分かれて釣りしましたが、全員が散発、待ち時間が長くて時々ヒットする程度でした。

それぞれいいサイズをキャッチできていたこともあってタイムアウトを8時そして早々切り上げました。

 

午後は同じメンバーでヤイタイ崎へ向かいました。

解禁日も好調なヤイタイ崎でしたが釣り始めるとすぐにヒットしました。

水位が高いので立ちこみエリアが限られています。

ロングキャストで鱒がついているポイントへフライを届ければ何とか釣りになるという感じでした。

阿寒倶楽部は岸際の岩に足を取られて今季初の水中ダイブを決めてこの寒いのにびしょ濡れで早々リタイア。

残った二人も続けましたが、ポイントへ届けることができずにその後はあたりも遠のいたようです。

解禁日に比べて鱒も移動を始めている様子でなかなか釣果が上がらないようです。

気温水温がも少し上がると活性は高まるはずです。

今後に期待しましょう。

阿寒川は増水気味ですが水はクリアで釣り人は楽しんでいるようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です