北海道南への釣旅その1

さぼりにさぼっていましたブログ更新と釣り。

先週末に長野から戻って用事を済ませて30日から道南へ。

もちろん後志利別川のグレイトアメマスを釣るために向かったのですが、到着して兜野橋から見た流れは増水した濁流でした。

今年は雪代が早くて多い感じがしますね。

河口も見に行きましたが流木や倒木が流れてきて釣りができません。

1時間ほど振ってから諦めて近くの海岸へ行きました。

瀬棚海岸の駐車場所にはたくさんの車が並んでサクラマス釣りの人気の高さが分かりますね。

風車が並んだ海岸には釣り人はいません、それもそのはず砂が巻きあがっていて海岸線は真っ黒・・・厳しい感じ。

ここは30分ほどで諦めました。

思案してから漁港へ行くことに。

この時期は漁港内に鮭稚魚の生簀が設置されて4月末ごろに放流されます。

設置期間中はホッケやアメマス、サクラマスが漁港内に入ってきてこぼれる鮭稚魚を食べるのです。

生簀の管理人が言うには「今年はホッケが少なくてアメマスばっかりだよ」

いやこれは僕には嬉しいニュースです。

早速釣りましたが時々起こるボイルは胸が高鳴ります。

しかし釣れません・・・いつもなら追ってくる魚影も確認できるのだが今回はない。

変だなぁ~ってやっていたら突然のヒット!

思わず「やったぁ~」って叫んじゃいました。

だって今年初の生命感を感じる瞬間だったからね。

ワクワクドキドキ見ていたら「ホッケ」・・・気が抜けました(笑)

それでも油の乗った太いホッケでした、食べたかったけれどこれから先の道中を考えてリリース。

しかしその後後が続かずここも引き上げました。

次は海アメかぁ~なんて考えて車を走らせていると川の流れに堰堤を発見。

見下ろすといい深場があったのでやってみることにしたけれど車載のロッドはスイッチのみ。

一番軽い5番にシンクティップを付けて・・いいあたりで連続ヒット。

流れがあるからいい感じのファイトで今年初のイワナキャッチ!

これで十分満足して僕は遅めの昼食を食べに熊石の寿し処「かきた」さんへ行きました。

かきたさんの三色海鮮丼はウニ、いくらとアワビの豪華な丼で僕の好物です。

 

釣りの模様は今日の夕方にYouTubeチャンネルへアップしますので見てやってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − seven =