give up することも

昨日から釣り場を徘徊する予定でいたが月曜日の夜に家人の車が道路の中央でストップしたと緊急連絡。

駆けつけてみると確かに大渋滞こそ引き起こしてはいないが立ち往生している車を避けるように蛇行する車・・ごめんなさい。

幸いなことに親切なドライバーが助け舟を出してくれていた・・感謝

車を道路からとある銀行の駐車場へ移動してロードサービスを依頼し自宅へ搬送できた。

バッテリーとダイナモが問題ではないかとロードサービスマン。

まぁそれ以外にも10年目の車は問題があるのだろう、今回は潔くgive up して車を購入することにした。

それにより僕の徘徊予定も・・・必然的にgive up となったわけである。

ガイド予定もないので幸いだと思うが一人ガイドの場合はこういう事態も想定しておくことがある。

人の体に起こる不具合もそうだけどあらゆる不測の事態はいつどのような形で自分に襲い掛かってくるのかは分からないということだよね。

かといって貧乏なガイドは常に車を新車にしておくことなどできないわけでせいぜい点検をこまめにするだけなんだけど。

ガイド規定を少し変更することも検討しましょう。

昨日はフライを巻いたり、違和感を感じた膝を検証すべく短い距離のランニングしたり、一応自営業者なので溜まっていた事務処理をしたりとそれなりにやることはたくさんあった。

また頼んでいたドライフライ用のマテリアルが届いていた。

今夏に突然発生した羽蟻の大発生で阿寒湖の湖岸でのライズは見事なもので、半数はウグイだったが産卵前のアメマスもたくさん見られた。

阿寒湖の8月は深い釣りだけ!と思っていたが意外な発見があり楽しめそうな感じがした。

あとボッケからがれ場付近まで続く遊歩道の完成は阿寒湖の釣の情景も変える可能性があるので来年はとても楽しみだね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です